無料で始める

独自ドメインの取得

独自ドメインの取得

Crayon有料プラン(ライト、プロ)では、ホームページのURL(アドレス)を独自ドメインにできます。
独自ドメインへの変更
ドメインとは、ホームページの住所を表すものです。
詳しくはドメインについてをご確認ください。

独自ドメインの利点

ホームページのURL(アドレス)を、独自ドメインにすることで、覚えやすいURLになります。
また、Googleからの評価が上がるという説もあり、検索順位への効果も期待できます。

ドメイン取得の条件

ドメインの利用

ドメイン取得の料金

ドメイン所有者の情報公開

独自ドメインの取得方法

ドメインの設定は「基本設定」の「URL変更」タブから行えます。
基本設定のURL変更を選択
「独自ドメインの設定」を選択します。
独自ドメインの設定を選択
フリープランの場合は、先に進めません。
「独自ドメインを新規取得」を選択します。
独自ドメインを新規取得を選択
「ドメインマッピング設定」は、他社で取得したドメインを使う場合に選択します。
詳しくは、既に取得済みのドメインを利用するをご確認ください。

ドメイン登録情報の入力

ドメイン取得に必要な情報を入力します。
ここで入力した情報は、ドメイン所有者の情報(whois)として公開されます。

1.取得希望ドメイン
取得したいドメインを入力し、「.(ドット)」より後ろを「.com」「.net」「.info」の中から選びます。
希望ドメインを入力
ドメインは、アルファベット(a~z)、数字(1~9)、「-(ハイフン)」が利用できます。(半角のみ)
利用できない文字列
ドメイン名の先頭、または末尾が「-(ハイフン)」だと、登録できません。
例:-abcd.com、abcd-.com
3文字目と4文字目に連続した「-(ハイフン)」がある場合も登録できません。
例:ab--cd.com
「.(ドット)」より後ろは、どれを選んでも大きな違いはありません。
取得したいドメインの「.com」が誰かに取られていた場合に「.net」や「.info」で取れないか、試していただくのが良いかと存じます。
「.com」はcompany(会社)の略ですが、今では個人でも利用できます。
「.net」はnetworkの略で、「.info」はinformation(情報)の略です。
ドメインは、誰かに使われていた場合は取得できません。
緑色のボタン「取得可能なドメインか調べる」を押して、確認しましょう。
2.組織名
会社名や団体名を入力します。個人の場合は、代表者のお名前をご入力ください。
組織名と代表者名と連絡先を入力
3.代表者名
代表者名をご入力ください。(組織名に代表者名を入力した方も、もう一度ご入力ください。)
4.連絡先(メールアドレス・TEL)
ここで入力したメール宛に、ドメイン管理団体からの連絡が行く場合がございます。取得したドメインは、弊社(Crayon)側で管理していますので、ご利用者様側での対応は、必要はありません。
5.住所
郵便番号を入力すると、自動で当道府県と市区町村が入ります。番地は手動でご入力ください。
住所を入力
住所の英語表記は、入力しなくても構いません。
入力が無い場合、弊社(Crayon)で英語に変換します。
英語の住所を入力
「確認画面へ」を押し、問題なければ確認画面に移動します。
希望ドメインに記号や全角が含まれていたり、既に使われているドメインだった場合は、修正が必要です。
よくあるエラーとして、希望ドメインに「.(ドット)」や「_(アンダーバー)」などの記号を使われていることがございます。
「-(ハイフン)」以外の記号は使えませんのでご注意ください。
ご希望のドメインが大きく表示されますので、間違いがないか、よくご確認ください。
希望ドメインを確認
ドメイン取得後に、間違いに気づき、変更を希望された場合、ドメイン変更となり、別途料金(3,240円)が発生いたします。
青い「申し込む」ボタンを押すと、申請完了です。
Crayonのサポート担当に申請情報が送られ、それを元に、ドメインの取得を行います。
申請完了画面
人間が作業を行うため、土日祝日に申請された場合は、翌営業日以降の対応となります。何卒ご了承ください。
ドメイン取得後、ドメインとご利用者様のホームページを関連付けます。
また、ホームページが公開設定になっていた場合は、Googleへの登録も行っています。
全ての手続きが完了すると、Crayonのサポートから「設定完了」のメッセージが届きます。
ドメイン取得後は、「基本設定」>「URL変更」タブの表示が変わります。
ドメイン取得後の画面
正式なURL(アドレス)について
「abcd.com」を取得した場合、ウェブサイトであることを示す表記が追加され「http://www.abcd.com/」となります。
ただし、「www.」を省略した「http://abcd.com/」でも、ホームページを表示できます。

サブドメインについて

今まで利用していたサブドメインは、引き続きご利用いただけます。
ただし、正式なURLではなくなるため、検索結果には、独自ドメインの方が使われます。
(Googleに反映するまで時間差がございます。)

サブドメインのページには「正式なURLは独自ドメインの方です」という意味のコード(canonicalタグ)を記述しています。
これにより、Googleからの評価が、サブドメインから独自ドメインへ、引き継がれるようになっています。

canonicalとは
ほぼ同じ内容のコンテンツ(重複コンテンツ)が存在する場合、優先的に検索結果に表示させたいページのURL(この場合、独自ドメインのURL)を指定できるタグです。

マニュアル一覧

Crayonをもっと調べる

下の丸いボタンから、別のページに移動できます。