無料で始める

Crayonの解約方法

解約について

  

Crayonの解約は、管理画面から簡単に行えます。
解約すると、公開されているホームページは削除されます。
また、作成データや、ご利用者様に関する情報も、解約と同時に全て消えます。
間違えて解約された場合、データの復旧は行えませんので、ご了承ください。

ホームページが不要になった場合、非公開にするだけではなく、解約していただけると助かります。
サーバーの容量を圧迫しますので、何卒ご協力ください。

  

アプリをアンインストール(削除)しただけでは解約されません。必ず解約手続きを行ってください。
先にアプリを削除してしまった方は、Webブラウザ版のCrayonから解約をお願いいたします。

解約手順

基本設定から「解約」タブを選択します。
基本設定を選択

確認事項

確認事項を読み、「同意して進む」ボタンを押してください。
解約の確認事項
表示される内容は、利用状況によって異なります。
【1】e-shopsIDについて
Crayonの解約と同時に、e-shopsIDの登録も削除します。
Crayon以外のe-shopsサービス(e-shopsウォレット、e-shopsローカルなど)を利用している方には、表示されません。(e-shopsIDを削除できないため)
【2】ドメインの返却について
ドメインをレンタルしていた場合に、表示されます。

解約理由

必須ではありませんが、解約理由を記入していただけると助かります。
利用者が何を必要とし、何が足りないのかを知ることで、今後の開発の参考にしたいと考えております。
解約理由
「Crayonを解約する」を押すと、最終確認が出てきます。
解約の最終確認
「OK」を押すと、解約が完了し、全データが消去されます。
解約後は、Crayonホームページのトップに飛ばされます。

有料プランでのご注意

独自ドメインについて

ドメインレンタルの場合

(2017年10月4日以降にドメインを取得された方)
貸し出していたドメインは、弊社(Crayon)に返却していただきます。(継続利用はできません)
返却後、次回有効期限で廃止となります。
レンタルドメインの返却

ドメイン取得代行の場合

(2017年10月3日までにドメインを取得された方)
利用されていたドメインをどうするか選択できます。
通常は、次回有効期限で廃止になります。
解約の確認
「他社に移管して継続利用」を選択し、移管申請を行うと、ドメインの管理者がCrayonからご利用者様に変わります。
今後は、ご利用者様がドメインの継続費用をお支払いいただく事になりますので、ご了承ください。

webブラウザからプラン変更した場合(e-shopsウォレット)

Webブラウザで有料プランへ変更した場合、プラン変更日から1ヵ月は解約できません。
解約の確認

iPhone/iPadアプリからプラン変更した場合(AppStore)

iPhoneアプリで課金した場合、AppleIDの定期購読を必ず解除してください。
Crayonを解約しても、定期購読を解除されないと、課金が続きます。(返金不可)
解約の確認

Androidアプリからプラン変更した場合(GooglePlay)

Androidアプリで課金した場合、Google Playの定期購入を必ず解約してください。
Crayonを解約しても、定期購入を解約されないと、課金が続きます。(返金不可)
解約の確認
定期購入の解約(Google公式)

マニュアル一覧

Crayonをもっと調べる

下の丸いボタンから、別のページに移動できます。