無料で始める

検索に適したページの作り方

検索エンジン最適化・内容編

検索エンジン最適化の設定が完了したら、次はページの内容に目を向けましょう。

質の高い情報を発信

良い内容のページは、そのページを見た人によって、ブログやSNSなどで紹介されることがあります。
Googleによると、このような自然な紹介や口コミが、サイトの評価を高める要素になるようです。

利用者が検索しそうな言葉を使いましょう

検索結果に表示される条件として、検索した単語がページ内に使われている必要があります。
利用者の気持ちになって、検索しそうな単語を想像し、文章に織り交ぜると良いでしょう。
例えば、ピアノ教室の場合、通える地域にあるか、大人でもレッスンを受けれるか、初心者が気軽に受講しても良いのかなど、知りたい情報を直接検索するかもしれません。詳しい人なんかは、使用している教材や、発表会、コンクールの結果などを検索するかもしれません。
検索しそうな言葉は、利用者が知りたい情報にもつながります。様々な利用者を想定し、どの様な情報を求めいているのかを考え、ページを作成しましょう。

他に無い情報、新鮮な情報を提供しましょう

他のサイトには無い、独自の調査記事や、お客様の声、専門知識などを活用し、コンテンツ(ホームページの内容)を増やしましょう。

利用者のことを考える

検索のためだけに書かれた、キーワードの羅列は、利用者にとって無意味です。
また、それらのキーワードの文字色を、背景色と同じ色にし、見えないようにすると、検索エンジンからペナルティを受け、検索順位が下がることがあります。絶対にやめましょう。

読みやすい文章を書きましょう

利用者は、よくまとめられた読みやすい文章を好みます。言葉の順序が変じゃないか、変換ミス、誤字脱字が無いか、何度も読み返しましょう。

画像に頼らず、出来るだけ文字を入力しましょう

紙のメニュー表やチラシなどを撮影して載せても、検索エンジンは写真の中にある文字までは認識できません。テキストパーツなどを使い文字を入力しましょう。
チラシを撮ってホームページに載せた場合
入力した文字は、画像内の文字よりもクッキリと表示され、見やすくなります。

解りやすい構成にしましょう

全ての情報を1つのページに詰め込むのではなく、内容ごとにページを別けましょう。
利用者が素早く知りたい情報にたどり着けるようになります。

定期的に更新し、最新の情報を公開しましょう

頻繁に更新されるサイトは、利用者が再訪問し続けてくれます。
また、サイトのボリュームが増えれば、その分検索キーワードも増えていき、色んな検索ワードから訪問してくれるようになります。

見出しを適切に使おう

ホームページの文章には重要度が設定されています。
テキストパーツや、リストパーツにある「見出し」は、「内容」などの文章に比べ、重要度が高く設定されています。
テキストパーツの設定画面
テキストパーツの設定画面
見出しにキーワードが入る様に工夫しましょう。
また、キーワードを意識するあまり、内容が薄くならないように気をつけましょう。
見出しをつけた後には、必ず文章などのコンテンツを用意しましょう。

サイトを宣伝しよう

実店舗をお持ちの方は、Googleプレイスに登録すると、Googleマップやウェブ検索に表示されるようになります。
Googleプレイス-おみせのオーナの方へ
自身でブログを持っている方は、ブログで紹介したり、FacebookやTwitterをやっている方は、ホームページの情報を投稿したりすることで、より多くの人にホームページを知ってもらえます。
ただし、検索順位を上げる目的で、手あたり次第にリンク集サイトへ登録したり、SEO業者からリンクを買ったりすると、かえってサイトの評価を傷つけることになるとGoogleが述べています。気をつけましょう。

マニュアル一覧

Crayonをもっと調べる

下の丸いボタンから、別のページに移動できます。