無料で始める

検索エンジン最適化

検索エンジン最適化の基本

Googleが公開している検索エンジン最適化スターターガイドを基に、Crayonで出来る基本的な検索対策をご案内いたします。

ここで書かれていることは、検索結果で1位をとるための方法ではございません。
例えば、サイトの何処にも「ピアノ教室」という言葉を使っていなければ、「ピアノ教室」の検索結果には出てこないといった、検索上位を目指す以前の、基本的な内容になります。
基本を押さえるだけで、検索エンジンから見てもらいやすくなり、検索エンジンに登録されている情報も更新されやすくなります。
  
Googleによると、サイト閲覧者のことを考えてホームページを作成すれば、検索結果にも良い効果を生む可能性があると述べております。

適切なページタイトルを付ける

ページタイトルの付け方

検索結果のページには、ページのタイトルが表示されます。
Googleが不適切なタイトルと判断した場合は、そのタイトルは無視され、Googleが作成したタイトルになります。
Google検索結果ページ
トップページのタイトルには、サイトや会社の名前に加え、位置情報(例:oo県xx市の…)、主要商品などの重要な情報を含めると良いです。
トップ以外のページには、サイト(会社)名に加えて、各ページの内容を適切に表現したタイトルを付けることが望ましいです。
ポイント
・ページの内容を適切に表したタイトルを設定する。
・サイト内で同じタイトルを付けない。
・簡潔で説明的なタイトルを付ける。
×悪い例
・ページの内容と無関係なタイトル
・初期状態のままや、あいまいなタイトル
・ユーザーのためにならない極端に長いタイトル
・キーワードを詰め込んだタイトル

TOPページのタイトルを変更する

CrayonのTOPから「基本設定」を選択。
Crayon TOP
Crayon トップ
ホームページのタイトルを入力します。
Crayon基本設定
入力が完了したら、下の「設定」ボタンを押します。

ヘッダーを修正する

Topページのタイトルを変更すると、ヘッダー(ページ上部)に表示される文字も連動してかわります。検索に適したタイトルを入れた場合は、文字が切れたりして、綺麗に表示されません。
タイトルが目立たないように、見た目を調整しましょう。
Crayon TOP
Crayon トップ
ページ編集へ移動します。
TOPページを選択し、ページ編集画面へ移動します。
Crayonページ一覧
ヘッダーの上にある設定ボタンを押します。
Crayonページ編集画面
タイトルが長すぎて見切れているので、調整します。
設定完了後は、必ず保存ボタンを押しましょう。
Crayonパーツ設定画面
画像では、タイトルが目立たないように、背景画像を消し、文字を小さくして、下余白をなくしています。
Crayonページ編集画面
ついでにナビゲーションも設定します。既に設定している方は、そのままで構いません。
Crayonナビゲーション設定
画像では「帯」を選択していますが、何を選択されれもかまいません。
公開しているホームページを確認してみましょう。
Crayonホームページ確認
画像の例は、今までの設定に加え、テーマカラーを変更し、ひまわりの写真と、その下にサイト名を追加することで、ファーストビュー(初めに見える範囲)を何のホームページなのか一目で解るように変更しました。

TOP以外のページタイトルを変更する

ページ編集へ移動します。
Crayon TOP
Crayon トップ
変更するページの右側にあるボタンを押します。
Crayonページ一覧
ページの設定画面に移動します。
ページタイトルを入力し「更新」ボタンを押します。
Crayonページ設定画面
ページ一覧で、ページ名が変わります。
Crayonページ一覧
実際に公開されているページのタイトルは、「ページタイトルサイトタイトル」となります。
Googleサイト内検索
検索結果への反映は、しばらく時間がかかります。
直ぐに変更したタイトルにならず、少しずつ変化していくこともあります。
確認する際は、URLの前に site: を入力すると、Googleに登録されているページが表示され、タイトルなどを確認出来ます。

ナビゲーションを修正する

TOP以外のページタイトルを変更すると、ナビゲーションを自動に設定していた場合、リンクの文字も連動して変わってしまいます。
そのままでも良いですが、ここでは修正します。
Crayon管理画面TOP
Crayon トップ
「デザイン」から「ナビゲーション」を選択します。
Crayonデザインページ
リンクを「手動」にすると、下に設定項目が表示されます。
Crayonナビゲーション設定
プレビュー画面を確認しながら、程よい長さのリンク名を付けます。
ページタイトルの設定は、以上で完了です。

Meta description(説明文)の設定

descriptionとは

descriptionとは、Googleやその他の検索エンジンにページの概要を伝えるものです。
設定することで、検索結果のページに、そのページの説明文として表示される可能性があります。
Google検索結果ページ
実際には、検索したワードと関連性の高い文章を、Googleが本文中から切り取って、説明文に使われることもあるので、必ず設定したdescriptionが使われるとは限りませんん。
ポイント
descriptionには、ページの概要を書きましょう。
検索した人が説明文を見たときに、わかりやすく、興味を引くような内容にしましょう。
×悪い例
・ページの内容と関係の無い文章
・キーワードを詰め込んだだけの文章
・サイト内で重複した文章
・「花についてのページ」など、詳細が解らない文章

descriptionの設定

ページ編集へ移動します。
Crayon TOP
Crayon トップ
descriptionを設定するページの、右側にあるボタンを押します。
Crayonページ一覧
ページの設定画面に移動します。
Meta descriptionの所に説明文を入力します。
Crayonページ設定画面
「更新」ボタンを押すと、設定が完了です。
Googleサイト内検索
画像は、設定したdescriptionが検索結果に表示された例です。
以上で、descriptionの設定が完了です。
全てのページに異なる説明文を設定しましょう。

さらに、ホームページの内容を改善し、検索エンジン最適化を行いましょう
検索対策(内容)→

マニュアル一覧

Crayonをもっと調べる

下の丸いボタンから、別のページに移動できます。