無料で始める

Search Consoleの設定

Search Consoleとは?

Search Consoleは、Googleが提供する無料サービスです。
おもに、ホームページの検索に関連したサービスが受けられます。
Search Consoleホーム
弊社(Crayon)が運営するサービスではございません。
また、Googleはサービスを常に改修しているため、操作画面を変更することが頻繁にあります。
実際の画面と異なる場合もございますので、ご了承ください。
例えば「URL検査」という機能から、Google検索への登録ができます。
URL検索を選択
使い方の説明はできませんが、ホームぺージを設定するところまでは、サポートいたします。

Search Consoleの設定

Search Consoleのサービスを受けるには、ホームページの設定が必要です。

Search Consoleの開始

下のURLからSearch Consoleのウェブサイト(ホームページ)に移動し、サービスを開始しましょう。

▼ Search Console
https://search.google.com/search-console/about?hl=ja
Search Console Top
ログインがまだの場合
Search ConsoleはGoogleアカウントにログインしていないと利用できません。
Googleのアカウントを持っていない方は「アカウントを作成」から作成しましょう。
Googleログイン
Search Consoleの管理画面に入ると、プロパティタイプの選択を要求されます。
URLプレフィックス」を選択してください。
所有権確認で別の方法を選択
初期状態では「ドメイン」が選択されていますが、この方法は使えません。
Crayonで作成したホームページのURLを入力し「続行」を押してください。
所有権確認で別の方法を選択

ホームページ所有権の証明

Search Consoleは、他人のホームページを勝手に登録することはできません。
Search Consoleの画面でURLを入力すると、そのホームページの管理者しか行えない作業を要求されます。
この要求をこなすことで、ホームページの管理者であることを証明し、利用できるようになります。
1.metaタグの取得
URL入力後、所有権確認の画面に変わります。
Crayonでは、HTMLファイルのアップロードは行えません。
下にスクロールしてください。
所有権確認で別の方法を選択
「その他の確認方法」から「HTMLタグ」を選択してください。
所有権確認で別の方法を選択
HTMLタグ」を選択し、指定されたmetaタグ(文字列)をコピーします。
所有権確認でHTMLタグを選択
スマホでコピーする場合は、コピーしたい部分を長押ししてください。
下にある「確認」ボタンは、この段階で押しても「確認できませんでした」と出るだけです。
metaタグをCrayon側に設定した後、押すことになります。
2.metaタグの設定
Crayon管理画面を開きます。
アプリの方はアプリを開いてください。
Webの方は下のボタンからログインできます。
Crayon(Webブラウザ版)
Crayonトップ
Crayonのトップから「アクセスUP」を選びます。
リストの中から「Search Console」を選択し、文字を入力する場所(テキストボックス)に先ほどコピーした文字列を貼り付けます。
CrayonのSearch Console設定
スマホで貼り付けをする場合は、貼り付けたい場所で長押ししてください。
「設定ボタン」を押すと、Crayon側の設定が完了です。
後は、Search Console側の作業だけです。
設定ボタンを押す
3.確認~設定完了
再びSearch Consoleの管理画面に戻ります。(閉じてしまった場合は開き直します)
別の方法、HTMLタグを選択
先ほど文字列をコピーした場所から、少し下にある「確認」ボタンを押します。
ホームページの所有者であることが証明されました。
これで設定が完了し、Search Consoleが利用できるようになります。
赤い確認ボタンを押す
選択肢に「完了」と「プロパティに移動」がありますが、どちらを押しても同じです。

Google検索への登録

Search Consoleの機能を使い、Googleに登録申請(リクエスト)をしてみましょう。

Googleに申請(リクエスト)

左メニューの「URL検査」を押し、ホームページのURLを入力します。
Search Consoleの左メニュー
入力したURLがGoogleに登録されているか確認できます。
「インデックス登録をリクエスト」を押すと、登録申請が行えます。
Search ConsoleのURL検査
用語説明
クロールとは、Googleのロボットがインターネット上を巡回し、情報を収集することです。
クロールで集めた情報を分析し、Google検索のデータに登録することをインデックス登録といいます。インデックスされていないページは、検索に表示されません。
リクエストすると、Googleのロボットを自分のページに招待することができます。

申請後

登録状況の確認

しばらくすると、Googleがあなたのホームページを訪れます。
問題なければ、Googleに登録されます。
Googleの登録基準に満たない場合は、登録されません。
例)
・ページ数が少ない
・1ページあたりの文章量が少ない
・他のサイトにある文章と内容が同じ
登録状況を調べるには、ホームページのURL(アドレス)の前に「site:」を付けて検索します。
例えば、「site:crayon.e-shops.jp」を検索すると、このような結果が表示されます。

登録後

検索順位を上げるために、ホームページの内容を増やし、検索エンジン対策(SEO)を行いましょう。
Googleは、検索結果の精度を上げるため、検索の仕組みを日々改良しています。
Googleの目標は、検索した人に「有益で関連性の高い情報」を提供することです。
最近は、サイトの内容を重視する傾向にあるようで、ページを増やしたり、文章を充実させることで、有益なサイトと評価されるのではないかと考えられています。
検索エンジン最適化について、まとめたページもございます。
ご参考にしていただければ幸いです。

マニュアル一覧

Crayonをもっと調べる

下の丸いボタンから、別のページに移動できます。